BLOG

東京八王子の音楽教室 老化防止にもなる楽器演奏を生涯の趣味にしてみませんか?

2018/12/04

東京八王子音楽教室 老化防止にもなる楽器演奏を生涯の趣味にしてみませんか?

 

 

ミュージックアカデミーRootsでは随時体験レッスンをご用意しております。

お申込はこちらからお気軽にお問い合わせください。

体験レッスン申込みフォーム

 

 

 

45~65歳で楽器を演奏している人は、同年代の人よりも記憶力や雑音の中から会話を聞き取る能力が高い。

また、楽器を9歳より以前から始めた人や楽器を生涯演奏している人ほど聴覚や視覚能力が優れていた。

 

 

みなさんはこのような話をご存知ですか。

 

 

楽器の演奏は医学的にも老化防止に優れているとの研究結果が発表されています。

 

 

 

記憶力と聴力

楽器の演奏は、老化によって低下する記憶力聴力の2つの重要な機能、特に日常生活によくある周りの雑音が多い状況で、人の話を聞くということに効果があるそうです。

 

 

多くの音から意必要な音を選び記憶し、演奏するという楽器演奏の行為が神経系を刺激し、老化を防ぐ効果があるとのことです。

 

 

たとえばピアノの場合は、楽譜を読むという作業とあわせて、左手は和音、右手はメロディーを弾く、などの複数の作業をおこないます。

 

 

ギターの場合は、右手は必要な弦をはじく、左手は弦を押さえるなどの作業があり、どの楽器も複数の行為を同時に行っています。

 

 

複数の行為を同時に処理を行うということは、脳にもよい刺激となり老化防止となるようです。

 

 

また、高齢になると新しいことにチャレンジすることが少なくなり、脳への刺激も少なくなります。

 

 

今から新しい趣味として楽器を始めることによって、脳を活性化できるのです。

 

 

 

 

生涯を通じて楽器を演奏

アメリカ・イリノイ州にのノースウエスタン大学の聴覚神経科学研究所は、楽器を趣味とする18人のグループと、そうでないグループ19人を対象に比較実験を行いました。

 

 

被験者は全員45~65歳でした。

 


すると、楽器を9歳より以前に始めた人や、1つの楽器を生涯を通じて演奏し続けている人は、楽器に触れていない人よりもずっと優れた聴覚・視覚能力を発揮したそうです。

 

 

 

時間がない人ほどレッスン

ただ、いくら楽器が脳にいいとはいっても仕事や家族がある大人が、今から新しいことを始めるというのは大変なことです。

 

 

そんな時は音楽教室に足を運んでみるのがおすすめです。

 

 

ひとりですと、弾けない壁にぶつかった時に挫折してしまう可能性が高くなりますが、先生からの教えがあれば挫折することなく趣味を続けていくことが出来るでしょう。

 

 

そして教室に通うことによって、その楽器のコツを教わることが出来ます。

 

 

若い時間のある時なら時間をかけてコツを見つけ出すのも楽しい作業ですが、大人になってからですと少ない時間で効率よく上手くなれるレッスンが断然おすすめです。

 

 

みなさんももうの活性化のために楽器をはじめてみませんか?

 

 

 

MusicAcademyRootsでは、エレキギター、アコースティックギター、ベースギター、キーボード、ドラム、ボイストレーニングとみなさんに人気の楽器を学べる音楽教室です。

 

 

レッスンはみなさんと担当講師の一対一のマンツーマンで行うため、初心者の方でも他の受講生を気にすることなく自分のペースで練習を続けていくことが出来ますよ。

 

 

ぜひぜひ体験レッスンへ足を運んでみてください。

お申込は、下の「体験レッスンはこちら」のボタンよりお願いします。

 

 

それでは、みなさんと教室お会いできる日を楽しみにしております。