BLOG

東京八王子のボーカル・ボイトレ教室 お酒の後のカラオケでの喉を傷める?

2018/12/11

東京八王子ボーカルボイトレ教室 お酒の後のカラオケでの喉を傷める

 

 

ミュージックアカデミーRootsでは随時体験レッスンをご用意しております。

お申込はこちらからお気軽にお問い合わせください。

体験レッスン申込みフォーム

 

 

 

12月、師走に入りこれからの季節、会社の忘年会や友達とのクリスマスパーティー、年末年始の親戚との集まりなど、お酒を飲む機会がとても多くなる時期かと思います。

 

 

そんなお酒の席で盛り上がると、みんなが次に行きたくなるのがカラオケ、ですよね。

 

 

お酒も入っていますし、大きな声で対好きな歌をうたうのはとても気持ちがいいです。

 

 

ですが、お酒を飲んだ後に行ったカラオケで喉に違和感を感じたことはありませんか。

 

 

今回は歌と飲酒についてお話ししていきたいと思います。

 

 

 

お酒+カラオケ=危険!!

お酒を飲んだ後のカラオケ(歌)はとても危険な行為です。

 

 

お酒を飲んだ後に行ったカラオケで、喉がイガイガしたり痛くなったりしたことはありませんか。

 

 

「今日はちょっと調子が悪いのかな?」

 

 

なんてこんな風に思ってしまうかもしれませんがそうではありません。

 

 

それは間違いなくアルコールの影響です!

 

 

みなさん、アルコール接種した翌日は喉が渇きませんか。

 

 

お酒を飲むとそのアルコールを体外へ排出するために、からだが体内の水分をたくさん集めてアルコールを尿として排泄してしまおうとします。

 

 

喉の水分も例外なく失われます。

 

 

人間が声を出すためには水分が必要です。

それなのに喉に十分な水分がないと声帯が摩耗し炎症を起こしてしまいます。

 

 

こう言ったからだの事情から、お酒の後にカラオケで歌うと喉が痛くなるんですね。

 

 

 

お酒を飲んだ時のカラオケ対処法

お酒とカラオケが喉にとって悪いことだとしても、付き合いもありますしカラオケに行かないようにするのは難しいですよね。

 

 

それにお酒を飲んで盛り上がった後のカラオケって楽しいですし。

 

 

どうしてもお酒の後にカラオケで歌う、という時は水はたくさん飲むようにしましょう。

 

 

先ほど書いたように、アルコールは喉の水分を奪っていってしまうので、飲んだお酒と同じくらいの水を飲むようにしましょう。

 

 

また、カラオケではフリータイム+お酒飲み放題なんて危険なプランもあります。

 

 

飲酒後のカラオケでも危険なのに、お酒を飲みながらカラオケなんて....

 

 

とはいえこういうこともありますよね。

 

 

そんな時は少しお酒を控えるとともに、1杯いお酒を飲んだら水は1杯のむように心がけてください。

 

 

お茶ではなく水にしてくださいね。

 

 

お茶でも水分を補えるように思われるかもしれませんが、お茶には油を分解する作用があります。

 

 

ただでさえ水分が失われている喉にの油分までなくしてしまったらますます喉に悪い状態になってしまいます。

 

 

女性に多いかと思うのですが、ダイエット効果を狙ってウーロン茶や、最近では黒烏龍茶を頼む方もいらっしゃると思いますが、

ウーロン茶は他のお茶よりも油の分解作用が強いのでより危険な飲み物と言えるでしょう。

 

 

まとめ

カラオケはストレス解消にもなりますしとても楽しい時間を過ごせる場所ですよね。

 

 

ただこれで翌日喉が痛くなってしまったりしたら、二日酔いと同じで辛いですよね。

 

 

電話オペーレーターや声を使う仕事の方は、業務にも影響を及ぼしかねません。

 

 

歌で痛めたのどは数十時間から、長いときは数週間長引いてしまう事もあります。

 

 

辛い思いをしないためにも、飲み会の後のカラオケには少し注意をはらって楽しみたいですね!